• ホーム
  • 低血圧だと起きずらいというのは本当なのか

低血圧だと起きずらいというのは本当なのか

薬を飲む男性

今般の高齢化社会の到来により、健康志向を意識したさまざまな取り組みが行われています。
企業においては、毎年のように、健康診断が行わるようになっています。
加えて、人間ドックや脳ドックなども推奨され、多くの人が受診しています。
身体の状況を把握するうえで、重要とされているのが、血圧であります。
血圧は、誰でも容易にはかることができる値として、多くの人が、注目しています。
一般的に、血圧は低すぎても高すぎても好ましくないとされています。
低血圧といわれる人は、朝、起きずらいといいますが、医学的根拠は証明されておらず、本当か嘘かの議論の答えを出すのは困難といえます。
一方で、高血圧の人においては、医師の診断のうえ、血圧を下げる薬を服用する人も多くいるといいます。
高血圧の要因としては、加齢に伴うものもあるとされますが、塩分を多く含む食事や飲酒、喫煙なども一因とされています。
低血圧の人に起こる身体の症状として、めまいや立ちくらみがあるとされています。
高血圧の人に比べ、あまり深刻化のイメージはないとされますが、当の本人にはつらい症状があるとされています。
いずれにおいても、日ごろの食事や十分な睡眠を注意して生きていくことが大切であるといえます。