ノルバスク以外の降圧剤

血圧を測定される患者

ノルバスクは高血圧症、狭心症の患者さんに使用されるカルシウム拮抗薬という種類の薬です。
ノルバスクの有効成分アムロジピンは血管平滑筋細胞のカルシウムチャネルを阻害することによって、細胞内へのカルシウムイオンの流入を抑え、血管平滑筋が収縮できなくなります。
これによって血管が拡張し、血管抵抗が緩和され、血圧が下がります。
また心臓においては心筋への血流が確保され、狭心症の症状を予防、改善する効果が得られます。
ノルバスクは高血圧症治療においては日本で最も多く使用されていると言っても過言ではありません。
ではノルバスク以外にはどのような薬が高血圧症に使用されているのでしょうか。
ノルバスクと同じカルシウム拮抗薬ではアダラートやカルブロックが挙げられます。
アダラートはノルバスクと比較して頭痛、歯肉増強などの副作用は現れやすいです。
アダラートとノルバスクの有効成分はL型カルシウムチャネルを阻害しますが、カルブロックの有効成分はL型の他にT型カルシウムチャネルを阻害します。
L型カルシウムチャネルのみ阻害するものでは腎臓の輸入細動脈の血流量が低下し、腎機能を悪化させる恐れがありますが、T型も阻害するカルブロックはこれが起こりづらく、腎機能低下の見られる患者さんにはこちらが使用されることがあります。
他にはアンギオテンシン受容体拮抗薬が頻用されます。
これにはオルメテック、ミカルディス、ブロプレスなどが挙げられます。
カルシウム拮抗薬と比較して降圧作用は弱いものの、腎臓や心臓の保護作用があるため、高血圧症治療の初期段階から積極的に使用されます。
むくみを伴う場合にはフルイトランなどの利尿剤も使用されることがあります。
他にもアンギオテンシン変換酵素阻害薬、β受容体遮断薬も使用されます。